<< November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
こんな近況

DSC03589.JPG

人参と夕暮れ。

DSC03590.JPG

人参畑、こんなかんじです。

それよりもお久しぶりです。よくブログを放置してしまいますがごめんなさい。
こちらでは立冬にふんわりと淡い初霜が降りました。
満身創痍の夏から、どかどか作付け目白押しの秋をなんとか抜け、 ついつい放心しがちの冬前ですが、
あまりぼーっとしていてはどんどん零下へと進んでしまうので
冬支度をしつつ、無加温ハウスの種まきなどもしつつ、といった今日この頃です。

 

長らく野菜高騰が話題で人参も品薄が続いているようですが
当園では写真のような状態、なんとかあることはあります。先日から宅配セットに仲間入り。
ただ、珍しく(当園としては)形が全体にあまり良くないです。
生育期間の長い根菜類は、その成長中に極端に気候が変わると
その影響でどうしても形がゆがんだり本来ないスが入ったり
ひどい場合には完全に割れてしまったりします。

 

ですが、あれだけ日照がなかったわりにはそこそこです、人参。
例年に比べるとさっぱりしているので、生食にはむしろ向いているかもしれません。
 

DSC03600.JPG

その後しっかりした霜も一度降り、すっかり枯れたナス、だったものの畑。
今年は名残りの夏野菜にだいぶ長いことお世話になりました。
おつかれさま、また来年。

DSC03584.JPG

葉物はいろいろと種類が多くなり、かつ味も乗ってきている時期です。

DSC03591.JPG

DSC03593.JPG

こちらはキャベツ。

虫害が多かったのも今作の手こずりポイントでした。
例年よりもお届け開始が遅れましたが、現在は安定出荷に入ったと思います。

DSC03598.JPG

ついでに大根たち。
まだ小さい、この先採る、冬の最後の作です。
大根の本領はやはりここです。甘く旨味たっぷりになる予定。

 

他にもまたちょくちょく写真を撮っていきたいと思っています。

 

<シズメ

台風とくいしんぼう

先日の台風9号の折にはご心配のメールなどいただきありがとうございます。

 

前後を含めて降雨量が跳ね上がったので、

畑に水が溜まったところを逃がす作業など必要でしたが

幸い、ハウス設備などの決定的な被害はありませんでした。

(ナス・きゅうりなどは傷だらけになってしまい、出荷は一時ストップとなりましたが)

 

このあとの10号も心配なところですが

各地で少しでも被害の少ないことを祈ります。

 

DSC03561.JPG

 

ところで、来る8月29日(月)の「くいしん坊!万才」に

しづはら農園が出ています。

22:09ごろ〜(フジテレビ)数分の短い番組ですが

よかったらご覧になってみて下さい。

残りの暑さに

DSC03547.JPG

DSC03544.JPG

 

晴れ続きから台風。

つづいてさらに台風だそうですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

夏の盛りをタイムスキップしてしまいましたが、残暑お見舞い申し上げます。

 

基本は晴れて暑くなりながら、定期的に夕立なんかがざあっとあると

夏野菜も元気で手もかからずいいなあ・・・・・・などと毎年夢想しますが

そう思惑通りはいかないのが世の常というもので。

 

DSC03553.JPG

 

雨を望んでいた間に一番の懸案だったのが、恒例、ニンジンの発芽です。

結局人力やらポンプやらで水遣りをし、出揃ってまいりました。

人参は芽が出るまでが仕事半分といわれるくらいこの時期が大事。

これがないと冬は始まりません。

 

DSC03550.JPG

 

暑さも好きだけれど水もたくさん欲しがる茄子。

台風などで強風に煽られるとどうしてもキズが付いてしまうので9号が心配です。

 

DSC03549.JPG

 

茄子も、キュウリもですが、

当園ではいろいろある中でも皮の薄い品種を好んで作っている傾向にあるので

物理ダメージには正直弱いものばかりです。

キュウリなどは素手で擦れるとひりひり痛いほど葉の表面が毛羽立っているので、

当然、実も擦れると皮が傷ついてしまいます。

強風のあとは必ずキズものばかりになります。

 

一般的によく販売しているこれらは、もっと皮の厚いものが多いと思います。

その方が栽培しやすく、ものによっては日持ちもします。

生産面の安定性と希少性、あるいは諸々の価値基準と照らし合わせて

何を作るか、日々検討しています。

 

DSC03542.JPG

 

オクラは暑さ・多雨には強いですが

気温が下がるとめっきり採れなくなるのでここでは真夏のひと品。

ちょっと涼しくなってきた頃合いは、それはそれで味が濃くておいしいのですけれどね。

ふと気が付くと居なくなってしまっていると思いますので、今をどうぞお楽しみ下さい。

 

<シズメ

 

上へ下へ上へ

梅雨ですね。
ひとも体調を崩しやすい季節です。

正直、この仕事に就いてから、梅雨はどんどん苦手になってきました(笑)。
雨自体はまったく嫌いではないのですが、
多湿×高温のコンビは、多くの野菜にとってはどうにも悪条件なのです。
最も病気に気を付けなければいけない時期です。


DSC03532.JPG

この時期、個人的に地味におすすめなのはインゲンです。
DSC03534.JPG

なんて記事を書きはじめてからすでに時間が経ってしまって、 はやくも収穫が終わりに差し掛かってきてしまいましたが(笑)。
スジがないので、とにかく洗うだけであとは手で下ごしらえ出来てしまう、
もう1品の強い味方だと思っています。

わたしのおすすめは、実は茹でより断然「炒め」です。
インゲン類はキュッキュッとした歯触りが苦手な方がいらっしゃるかと思いますが、
油を使って、フライパンなどに均一に広げ、高温で各面をしっかり焼き目をつけます。
表面の皮が弾けて香ばしくなり、中は甘く柔らかく仕上がります。
新鮮なので、さっと炒めで十分。
キュッキュッとしません。塩だけでおいしいです。

インゲンもそうですが、今採れ始めている夏の果菜類などの「生りもの」は
毎日採れるぶん、その日その日の日照・降雨・気温の影響が収穫量にダイレクトに出ます。

この雨がちの時期、特に「日照」の影響は肝です。
なにせ、日光は野菜にとって最も重要な「栄養」のひとつ。光合成の材料です。
日にちょっとずつでも晴れてくれれば違うのですが、重い曇天や雨が何日も続くと
収量のみならず、残念ながら味も落ちてしまいます。

みなさんのお届けの前にはほどよく晴れ間があるよう、祈っていてください。

DSC03526.JPG

インゲンからのトンネル仕立てつながりで・・・・・・こちらはなにかといいますと。
何年ぶり?の、トンネル栽培のミニカボチャです。
ここ最近は手間のかかる空中仕立てはしていなかったのですが、
今夏は復活しています。ぜひぜひ、良い品がとれますように。(じゃなきゃ悲しい!)

DSC03536.JPG
こちらはまだ収穫の始まっていないキュウリ。
キュウリもご機嫌の上下が激しい作物です。
人気の品なので安定してお届けしたいところ、
今日もご機嫌をうかがいながら・・・・・・。

最盛期はもうちょっぴり先になります、もう少々お待ち下さいませ。

<シズメ

トマト・ハズ・カム
タイトルの通りです。さあ出荷開始。

DSC03520.JPG

今年のトマトのテーマは積極灌水・積極追肥です。
(去年も似たようなものでしたが)
狙いは味のレベルを下げずに収量をアップさせること。

トマトは野菜と言うより果樹に近い感覚です。
どんな果実をどれだけ採ることを目標に栽培するか、
それによってやり方は無数にあり、工夫しようと思えばきりがありません。

ただ当園では多品目栽培をおこなっているため、
他の夏野菜の管理にも追われまくる夏に、トマトだけにかけられる時間は有限。
その中でどれだけのことが出来るかの勝負です。

DSC03522.JPG

今採れ始めたところですが、最初にどかっとたくさん採るのは簡単なんです。
あるいはとても濃厚な味の実を1回だけ採ることも。

難しいのは、暑さも厳しい夏秋期に、なるべく長期間にわたり
一定以上の味と量のトマトを採り続けること。

気象予想通りの猛暑だとすると、トマトにもなかなか厳しい環境になりますが
この人気者を少しでもたくさんお届けできるよう
今季も励みたいと思います!

(と、ハードル上げちゃったので後に引けないぞがんばれ自分)

<シズメ
いろいろとあらためて。

大変ごぶさたしております。
5月から宅配のお届けを再開したと思ったら
すでに6月となってしまいびっくりしています。スミマセン。

時節柄こちらの方もだいぶ毛が抜けてしまいました。

別にこんな風に寝て過ごしていたわけではありませんよ(笑)。

まず、長らくやると宣言したままやるやる詐欺になりかけていた
農園ホームページのリニューアルを、やっと先日おこないました。
よろしかったら覗いてやってください。
個人的にこれにかかっていたのでブログをお留守にしてしまっていました。
またマイペースにですが書いていきます。

ホームページは宅配のご利用をしやすく、という点も色々と考えてみました。
リアルタイムのご利用状況をわかりやすくしたり、
フォームも種類を分けて新しくなったりして
多少親切になっているかと思います。

といいつつまだこれからのページなどもありますし、
書き足したり改善したりのんびりしていく予定です。
よろしくお願いします。


畑の方は、夏日もあり早くも初夏の風情で
まったくのんびりは出来ない景色が広がっています。

間が空いたぶん、4月に撮った写真と、5月に撮った写真を並べてみます。

DSC03453.JPG
まだ寒さ除け&保温資材がかかった状態だった畑。
でも今年は早くから暖かく、これらをはがし始めるのもいつになく早かったです。

DSC03473.JPG
どんどんはがしていった様子。手前のもしゃもしゃしたのは人参です。

DSC03458.JPG
4月頭に植えたトマトも

DSC03513.JPG
今はこんなに繁って、ぽちぽちと色付いています。
手入れをしながらつまみぐい中(※生産者特権)・・・お届けまでもう少し!

DSC03518.JPG
やはり生育が早く、今年はほとんど初っ端から採れてきたズッキーニ。
元気な株が多く絶好調です。
もし宅配で増量ご希望の方がいらっしゃいましたらお声かけください。

DSC03516.JPG
こちらは今年初出荷のUFO型ズッキーニ。
少ししか植えていないので出現率は低いですが・・・・・・
青臭みがなく、なんだか甘いメロン臭がします。
かぼちゃっぽいとも言えますが、果肉がふんわり柔らかいです。
切り方だけは悩みますが(笑)なんといっても愛嬌があるしでけっこう気に入っています。
届いたら試していただきたい品種です。

DSC03481.JPG
もうすぐ終わりそうですが、これまた初登場、ケールなどもあります。
株は大きいのですが、採るのは新芽の付近の少量だけで、意外と貴重?な野菜。
(あくまで野菜として召し上がっていただく用なので部位は選びます)
言わずと知れたスーパー高栄養価野菜ですが、風味も濃くなかなかいいです。

ベーシックな野菜に+αとして、
当園では毎シーズン、いろいろな野菜を試作しています。
もし初遭遇でお気に召した野菜がありましたら、
簡単にひとことで結構ですので「これいいね」とお寄せ頂けますと
翌年も食べられる可能性が上がります(笑)。
(もちろん苦手だったものもあればぜひ教えて下さい!)

 

日本のどまんなか
くるくるめまぐるしく変わる季節の中で野菜を作っています。
宅配セットでいうと、年に1回会えるか会えないかという品もあります。

翻弄されつつも、それに応じて、楽しみながら、
そして食べる方にも楽しんでいただけるようなものをお届けできたらと思っています。

6月のはじめにあらためて。

<しずめ

季節の変わり目
異常なまでの暖冬も、そろそろ背中を向け始めたようです。
近所の梅も早くから咲いています。

やはり、今冬は色々なものが「早かった」と思います。
生育が早い、採れ始めも早ければ、時期が終わるのも早く
例年より真冬の旬が早く来てしまい、過ぎ去るのもあっというまでした。
どこが冬の底だったのかな?と思ってしまうほどです。

宅配セットのお届け内容も、ベストシーズンの到来が早まっていたために
お送りはじめが半歩出遅れた感があり、
もう少し長くお届けしたかったなあと思うものもちらほらありました。
すでに今週の発送分では、箱の中身は緑のものがメインとなってきています。

DSC03437.JPG

やはり当園史上最速で採れ始めた、ハウス菜花。
ただ、花がつくものとまだつかないもので個体差もあり、
皆さんにお届け出来るのには少し時間がかかりましたが
あと1週間もするとほぼすべての株から花が採れそうです。

気温も上がり始め、ぐんぐんと日が伸びて、
現在は畑の種まきや植え付けも増えてきました。
苗のハウスも、気が付けば満員です。

DSC03424.JPG

浴光中の種じゃがいも。
そろそろカットして、準備して、
今週末から畑に植え始める予定です。
 
DSC03429.JPG

こちらはネギ苗。
昔は発芽を揃えるのが難しかったですが、
最近はだいたい揃うようになってきました。
このぴょろっぴょろした1本1本が、これから春夏秋と過ごして
現在お届けしているような白い長葱になります。

DSC03432.JPG

暖冬の影響で、冬越しのそら豆もすくすくと
いいサイズをキープしています。
そら豆はまだ栽培歴が浅いので、もっとしっかり採りたい作目です。
この感じだと今までの中では1番いい調子なので期待したいところです。
(暖かいだけにアブラムシが多く発生する年に当たってしまう可能性も・・・ですが)

ちなみに
当園のマスコットの最新画像は。



こちらはまだ冬仕様。季節によってシルエット(毛の量)が変わります。
太いですが、太ってるんじゃないです、毛です。
あくまでも、毛のボリュームです。まだ大部分冬毛なので・・・・・・!
冬は分厚いのを着込んでるのであだ名は「きぐるみ」です。

<シズメ
お客さま
 昨年末、以前より野菜を使っていただいている
「麦酒屋 るぷりん」の皆さんが
畑にいらして下さいました。

畑 (大洗の月の井酒造の社長さんも)
https://t.co/h1GvP5ovIS
ハウスで試食
https://t.co/Pkwioa8WHc

キレイに写真を撮ってもらいました。
こうしてお店の方々と一緒に畑をまわるのは
楽しいし勉強になります。
こちらのお店はいつも生産者を大事にしてくれて
お世話になってます。
どうもありがとうございました。

こちらの写真にも写っている
「ルタパカ?ルタバガ??」(いろんな呼びかたされますね)や
「ビーツ」「色々人参」「黒キャベツ」なども
これから個人のお客さまにもお届け予定です。
あとサツマイモも貯蔵(熟成)により良い感じになってます
お楽しみに!
 

<ハラダ
年明け
CA3I0114.jpg

だいぶというかかなり遅くなりましたが
おかげ様で無事に新年を迎えることができました。
そしてかなり遅くというか今更ですが
年賀状を発送いたしました。
毎年ながら遅くなってスミマセン。

今冬はこれまでに経験のない暖かな日々で
どうなってんだ?と思う気持ちもありますが
なんといっても冬が暖かなのは体が楽です。
こんなに健やかな新年を迎えるのは久しぶりです。
(たいがい年末って慌ただしいし寒いしで)

こまごまな不安はさておき
多分これは今年は良い年になるはず!と
いまだ正月気分のぬけない頭でムリヤリ考えてます。
もちろん毛皮のきなこちゃんも
元気いっぱいです!!!
(寒くても元気ですけど)

DSC03404.JPG

どうか皆様方にも良い年になりますよう
畑仕事に励みたいと思います。

本年もどうかよろしくお願いいたします。

<ハラダ
霜しらず
初霜だけは早かったのですが
それ以降はなんと、ほとんど霜の降りない温い陽気が続いています。
ここから少し冷え込みそうではありますが。

カレンダーを見るかぎり、間違いなく12月のようですが
びっくりするほど実感のない師走です。

DSC03398.JPG

昨日撮った畑の様子。まあずいぶんと青々としています・・・

手前は大根たちですが、多雨も手伝って、葉っぱがのびのび。
ついでに雑草ものびのび(苦笑)。
ぱっと見で冬っぽい感じはあまりしませんよね。

零下数度になると寒さ傷みが出るので
それを心配しなくていいのはいいことのようですが、
強い寒さを感じないままでは野菜は生長を止めてくれないので
本来出荷したいものが大きくなり過ぎてしまい、
スケジュールが狂うという実は困りものの天候です。

DSC03397.JPG

先月中から現在出荷中のこの青首かぶも、例年ならもっと遅い登場でした。
しかし今年は、この前に採るサラダかぶが早々と収穫適期を過ぎてしまったため
こちらの出番になったというわけです。

まだあまり寒さで締まっていないぶん、そのままでもおいしいかぶです。
はてさて、いつまで出せるでしょうか?

DSC03396.JPG

こちらは白菜。
(※奥のハウスはご近所さんのです)
連続して凍るようになると霜よけをかけっぱなしにしますが、
今はもっぱら開けて風を通しています。

そろそろミニ白菜も大きな白菜へ変わります。

<シズメ