<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
こつこつまめまめ

DSC03773.JPG

秋らしく涼しくなって、外でもくつろぎやすくなったね、とおっしゃっている当園のマスコットキャラクター王子です。

さて、前回「あれ」と言っていた品物は、これです。

DSC03786.JPG

ちょっとピンボケ!現在出荷中の落花生です。
こんな感じで株ごと土からひっこぬきます。

DSC03784.JPG

うちでは生鮮品としてしか出荷しないので、その場でどんどん豆だけをもぎり
コンテナへ入れていきます。時間がかかります。

DSC03775.JPG

畑から持ち帰って洗ったものがこちら。
まだしっぽ(ストロー)がついているものとか、未熟なものとか、キズモノなど
いっしょくたなので、ここからひとつひとつ手に取って、目視確認、
選別していきます。時間がかかります。

DSC03781.JPG

こちらがこつこつと選別し終わった落花生です。
これを量って袋詰めすれば、ようやく出荷できます。
いやはや時間がね・・・

しかし野菜はあくまでも生き物なので、どれも同じではないですから、
結局のところ全部をチェックするしかないのです。
ミニトマトとか、この落花生とかは、とにかく数が多いので
きちんと見つつもスピードを最大限に上げることがとても重要です。
集中力を問われます。
コツはノリのいい音楽を聴くことです。(※個人の見解です)

最終的にチェックをクリアしたこれらの落花生は、
「野菜として食べるのに適した範囲」の(と、うちが判断した)もので、
完熟の豆もあればちょっと若めの豆も含まれます。
とにかく重要なのは鮮度!殻がまだかすかにしっとりしているくらいの状態を目指しています。

落花生の熟度の見分けは以前こちらの記事で詳しく書いたのでご興味のある方はどうぞ。

ちょっと難易度が高いというお声もあったので今レシピには載せていませんが、
熟した豆を晴れの3日くらい〜干すと、煎り落花生もできます。
基本的には茹でなどで召し上がって頂ければと思いますが、
オーブンをお持ちの方で挑戦したい方はメールできいてみてくださいね〜。

DSC03568.JPG

そしてナッツ菓子大好きなわたしが、出荷のたびわずかに残る落花生を集め
(※毎回出荷の分だけ掘るのであまり残らない)
干し、オーブンで煎り、殻を除き、飴がけ(キャラメリゼ)した昨年のものがこちらです。
時間がかかりすぎて完全に趣味でしかないというか食い意地の賜物です。

DSC03569.JPG

渋皮ごとだったので飴と混ぜてるあいだに渋皮がはがれて粉々になってからまってますが、まあそれも含めておいしかったです。
渋皮はポリフェノールも豊富だし、
香ばしくて風味の凝縮している部分だと思うのでかならず一緒に食べたいですねー。

落花生は10月中頃くらいまでお届けできるかと思います。

<シズメ

白いのがぶらり

DSC03763.JPG

イケメンな(?)ゴーヤーが撮れたので載せたくなりました。
色がついていない‥‥‥のではなく、白いゴーヤーです。
一般的に緑色のものよりも苦味がおだやかだと言われています。
緑品種に比べ栄養価が劣るということは特にないようですよ。

9月のころは夏と秋冬作の中間に位置するため端境期(はざかいき)ではあるのですが、
ここ数年は品揃えもよく出来るようになってきて「もう9月は端境ではないな」などとうそぶいていたのですが
今年は夏の日照不足による生育の遅れと、葉物の不調でわりと端境期です(苦笑)。
油断大敵。ですが、そんななかでもきっちりお届けしていきたいと思います。

DSC03760.JPG

通りにくいほどボリュームのある緑のトンネル。(左側がゴーヤー。)
これだけ繁っても、実をつける時期は晩夏の短い間だけで、
特にゴーヤーは気温が落ちて寒さを感じるとすぐ元気がなくなってしまいます。

個人的には山菜の苦味やゴーヤーの苦味、好きです。
油と合わせて調理するといいのはどちらも共通ですよね。
豚バラをじわじわ熱して脂を溶け出させて、それでゴーヤーの表面をかりっと焼いて、
酒と醤油なんかでしっかり味付けると白いごはんがすすみます。

DSC03764.JPG

ちなみに、トンネルの右側にはこれが少し生っています。
なんだかわかるでしょうか。これも白いですが、
白キュウリ、ならぬ、「黒イボ胡瓜」といいます。
現在の一般的なきゅうりは白イボ品種というのですが、それが流行る前にはごく普通に食べられていた胡瓜です。
見た目で変な感じがすると思いますが、いざ食べてみると甘みもあり、なめらかな果肉でおいしいんですよ。
これも盛夏には採れず、今からちょっとだけお目見えするひと品です。

DSC03757.JPG

こちらも短い旬の秋ズッキーニ。
めちゃくちゃ木の調子のいい状態で写真が撮れましたが、
これもあっというまに終わってしまうんですよねえ。
でもなるべくがんばってね。

DSC03754.JPG

↑秋をメインとする数少ない野菜、そんなわけで今週末から登場します。

これは、そう、あれです。おたのしみに。

<シズメ

続きを読む >>
なごりに向かう頃の。

日照不足からの野菜不足が話題にのぼっておりましたが、宅配セットのお届けは通常通り続いております。はや9月ですね。

異常気象が毎年のことになってしまった昨今ですが、
そうではなくても天候に振り回されるのが農家の常態なので
みなさんにご心配いただいて「大変ですね」とお声をかけていただけると本当に有難いのですが、
どこからが異変で大変なのかがあまりわからなくなっている気がします(笑)。
天候とのたたかいは完全に我々の日常なんですよね。

夏の野菜は収量のピークを過ぎてきますが、
夜温が下がってきたころは味が乗ってくるので別の意味でおすすめです。

写真のこちらもそのひとつ。ネットの中でもさもさ。その正体は

枝豆ですね。
今は6月から収獲出来る作物ですが、当園では10種類近い品種をリレーして9月も採り続けます。
ちょうど茶豆をお届け中!

この葉っぱと枝がわんさかついている状態から

ひたすら調整していきます。(右上の手はがんばっている枝豆担当のハラダ氏)
これが秋が近付くほど、より時間がかかる作業なのです。
なぜかというと・・・・・・

edamame.jpg

図にした方が手っ取り早いかと思い描いてみました。
ブログ初の試みでちょっと見づらいかもしれませんが(要サイズ検討)
なんとなくわかるでしょう、きっと。

最近すっかりメジャーになった「湯上り姫」などは図左のタイプになります。
作りやすく、かつ味もいい、とても優秀な品種です。
農家にとっては有難いことこの上ないものです。

しかし今の時期お出ししているのは図右のタイプの品種です。
最初の写真で、防虫ネットの中で木が伸びに伸びているのはこのタイプの品種だからで、
もうこれはある程度止むをえないのです。
実際過去に伸びすぎてネットが開いてしまい、
虫にやられて出せなかったこともあります(苦笑)。
豆がバラけていて豆数も少ないので先述のように収穫後の作業も時間がかかります。
どう考えても、ただでさえ手間のかかる栽培で作るべき品種ではないのですが、
どうしても・・・・・・美味しいのです。

本来の枝豆の旬はお盆を過ぎてから。つまり今です。
そこに適した右のような茶豆を作って
天気もアタリのタイミングで収穫したものを一度食べてしまうと、
やっぱりまた作ってしまう・・・それほどに香りも甘みもランクが違います。

つまりはほとんど自分たちが食べたいから、くらいの気持ちで作っていますが
もちろん出来たものはちゃんと皆様にお送りしています。(当たり前ですが!)

端境期でほとんど木曜「小さめBOX」のみの受付ですが、
我こそは枝豆好き!という方はぜひお試し頂きたいです。

<シズメ

夏の香り

夏だ!夏野菜だ!
ともりもりご紹介しようと思っていたら肌寒い日が続いていますね(苦笑)。

雨ばかりで写真もいまいちなんですが仕方ないということで‥‥‥今回はバジルの話。

DSC03725.JPG

日本でもすっかりお馴染み、バジル。

こちらが通常バジルというと出てくる「スイートバジル」。栽培もしやすい。
名前の通り甘やかな香りが特徴です。
葉が柔らかく生食に向いていて、香りも比較的マイルド。使いやすいバジルですね。

DSC03722.JPG

こちらは茎と花が紫色の「ホーリーバジル」。

タイバジルとも言い、現地名では「トゥルシー」だとか。
英名の由来は、ヒンドゥーの寺院には神聖なものとしてたくさん植わっているからだとか。
特徴はなんといっても香りの強さ!ちょっとスーッとするメントール(薄荷)感もあります。
香りの強さをいかしてガパオ(ひき肉と香辛料とバジルを炒めるタイ料理)など加熱料理にも使われる、ちょっと、いやけっこうレアなバジルなんです。

バジル全般に言えることですが、とにかく暑いのが好き。
何年も育てた実感からいうと、30℃を超えた方が元気みたいです。
むしろ涼しい夏には病気が多発してあっというまに採れなくなります。
このホーリーバジルは中でも特に暑くないとだめなので、ちょっと栽培難易度が高いんです。
(一応育っても、気温が上がらないと青臭いばかりで香りがちっとも高まらない)

今年は(最近涼しいですが…)初夏の厳しい暑さがバジルには幸いして、木がしっかり出来たのでまだ元気です。
気候がいいと香りが全然違ってきますので、良い出来の今夏は特におすすめ。

DSC03720.JPG

おっと、まだあります。こちらは「レモンバジル」(バジリコ・リモーネ)です。

名前の通り、めちゃくちゃレモンの香りがします。
むしろレモンでしかない(笑)。
それくらいレモン臭のする不思議なバジル(でもバジル)。
写真だとわかりにくいですが、葉っぱは小ぶりで、やたら花が付きやすく、
ホーリーバジルと同じく栽培しやすいものではないですが
レモンの香りで食べるとバジル、の両得を活かして揚げ物や魚料理などけっこう色々使い勝手のある楽しいバジルだと思います。

もう1種、写真がちゃんと撮れなかったのですがナポリ種のバジルもあり、今年は計4種。

シソの親戚で実は栄養価もすごく高いんですよね。(あっ、シソもあります!)

週明けから暑さが戻ってきそうですし、8月いっぱいはお出しできると思いますので、
もし上記の変わったバジル欲しい!という方は、
「小さめBOX」「M・L箱」どちらでも、定期お届けでも・単発のご利用でもOKですのでお申し付け下さい!

<シズメ

休みではないけど夏休み

夏休みですね!
大変ご無沙汰しておりますブログアップです。

当園は夏の間特に休みはありませんが、
子供さんたちが元気にチャリンコをかっ飛ばしているのを見てそれを感じているところです。
野菜の顔ぶれもすっかり夏、トマトもちょうど中盤です。

DSC03695.JPG

DSC03699.JPG

今年の5月から、新しい宅配セット・木曜日着便「小さめBOX」が始まっています。

宣伝はほぼしていませんが(後手後手)、
すでに少しずつご利用いただいております。有難うございます!
しづはら農園の名前をつけたときからお送りしている(火・土)のM/L箱とは
ちょっと違う規格です。詳細はウェブサイトで。

さらに、8月の1ヶ月間は夏休み企画(?)として
「小さめBOX・夏野菜増量キャンペーン期間」
としたいと思います。

ちょうどこの時期、お中元シーズンも終わって、
枝豆・トマト・茄子・オクラetc.がいい状態でたくさんとれます。
余裕のあるものは増量でお送りしますので、
夏野菜がお好きな方は、是非!

DSC03708.JPG

(茄子も丸いのとか、長いのとかいろいろ。)

DSC03710.JPG

 

この木曜日便を新設したのは、週の真ん中あたりに野菜と手の余裕ができたためです。
一方で、(火)と(土)の定期便はご利用が多く、現在新規のお客様の受付はストップさせて頂いております。
申し訳ありません・・・・・・。

「では木曜日に出せる余裕の分を火曜日や土曜日に回せばいいのでは?」
と思われるかもしれませんが、残念ながらそれは出来ないのです。
一番の理由は、当園では基本的に「野菜の採りだめをしない」からです。
(芋・カボチャなどの貯蔵野菜は別として)根菜以外のものでも、
都合のいい時間に早くに採っておいて、乾燥しないように保冷庫に入れておけば
見た目には問題なくもたせることは出来ます。
人参やゴボウ、葉物等も、まとめて収獲して保冷庫に入れておくと
手間が省け、天候の影響を受けずに注文に合わせていつでも出せるメリットはあります。
しかしこれらは、収穫した時点から時間が経つほど、確実に味は落ちてしまいます。

わたしたちのような小さな農家ならではの品質維持を考えていくと
注文にあわせて収獲から始めること、
状態のいい時に採って生産者の目で検品をすること、
そういったことがはずせない要素になってしまいました。

DSC03704.JPG

ところでこちら、当園のマスコットももう5年を経過、夏の過ごし方も慣れてきたようです。

DSC03701.JPG

軽トラの上から目線いただきました。

また野菜の写真アップしていきますね!

<シズメ

琥珀色の春

先ほど今期最後の野菜箱を宅配会社に預けてきました。

これからしばしお休みをいただきます。

 

皆様方のおかげで今期も

1匹と2人何とかやってこれました。

お客様方、お世話になった方々に

厚く御礼申し上げます。

 

今年もいろんなことがありました

年を取ると一年が短くなると聞いたことがあるのですが

まだまだ結構長いです。

 

そういえば上海蟹を食べました。

 

 

畑の方は騒がしい日々になってきますが

これからも素敵なひと、すばらしい物等に出会えるよう

少しでもよい仕事をしていきたいと思います。

 

皆さま方にも良い出会いがありますよう・・・

 

<ハラダ

2〜3月の宅配セットについてのおしらせ

※メール、野菜に同梱の通信などでもご案内しております※

 

通常11品以上をお入れしている宅配セット定期便ですが
勝手ながら今年の2月・3月は10品を基準とし、 その分価格を若干下げてお届けします。

 

実はネギ・リーキが非常に不作です。
昨春の佐賀県の玉ねぎが不作で品薄になった時期がありましたが
同じ系統の病気がでて、集落内のネギの多くが消えてしまいました。
以前よりお取引先に好評で、力を入れて作っている作物で
まだまだ鍋の美味しい季節で、と何かと残念です。

 

もともと端境期と言われる野菜の少なくなる時期で、昨年秋の9〜11月の長雨の影響もあります。
上記の内容によりお届けの頻度などをご変更されたいというお客様がいらっしゃいましたら、
お手数ですがその旨ご連絡下さい。

 

また、この期間はギフト等のイレギュラーの追加ご利用もご遠慮下さいませ。

ご迷惑をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。

 

単発送につきましても、大変申し訳ございませんが受付をストップさせていただいております。
また5月以降のご利用をお待ちしております。

ご質問などはお問合せのフォームよりお気軽にどうぞ!

こんな芋お届け中

明けて1月の宅配お届けはじまりは、これが入るのが定番となってきています。

DSC03629.JPG

いつ撮っても、なんだかよくわからない感じに写ってしまうのですが、

「短形自然薯」です。

 

自然薯というか、つまり山の芋系の芋であり、

大和芋とかとっくり芋とかつくね芋とかいろいろある中の1種だと思っています。

写真の通り、とにかく形が個性的でばらばらなので

掘ってみるまで全貌がわからない子たちです。

傷つけないように掘り上げるのに神経を使います。

そして基本は手掘りなので体力も使いますが、冬の適度な運動にはちょうどいいです。

(と思うことにします)

DSC03626.JPG

とろろごはんもいいですが、加熱するのもおいしいです。

上の写真はすりおろしたものを何も混ぜずに油多めのフライパンで揚げ焼きしたものです。

ひとくち大ならひっくり返すのも簡単。

ちょっと卵や粉を混ぜてもいいです。

 

山の芋のおもしろさは食感の変化の幅広さだと思います。

細切りでしゃきしゃき感を残してもいいし

すりおろせばとろり、もっちり。

加熱するとふんわり。

 

シンプル焼きは油を多めにして、火は強め、

片側が固まるまで待ってひっくり返して、

そのあとはあまり加熱しすぎないようにするとやや半生仕上げになります。

中の方はとろろのもっちり感が残るので

表面かりっと→外側ふんわり→中もっちり

と非常に楽しい感じです。(一口大でも厚さは薄くしないのもコツ)

 

がんばって掘りますのでたのしんでいただければ嬉しいです!

 

<シズメ

帰福

お正月休みで7年ぶりに単身福岡に帰ってきました。

カキ小屋に焼き鳥にもつ鍋にうどんと堪能したのですが

普段野菜ばかり食べているので、急に肉を食べすぎてしんどくなり

水炊きを食べれなかったことがだけが非常に心残りです。

 

色々食べましたがメインはやはりうどん!2泊3日で5食!

10歳までしか住んでなかったのですが

いまだに福岡のうどんが大好きでいくらでも食べれます。

 

うちのお客様でもお子様の為にちゃんとした味覚を育てたいと

野菜を買って下さる方がいらっしゃいますが

小さな頃の食べ物は多方面で一生影響してきますね。

まあうどんばかり食ってるのはどうかと思いますが(苦笑)

 

ついでに直売所めぐりも

 

伊都菜彩

伊都安蔵里

道の駅 小石原

実家近くの直売所 いりこの幟がいかにも

実家近くのイオンに水戸のお隣城里の赤ねぎが

お土産はもちろん明太子・高菜漬けそれにあまおうのお菓子、それとだし・つゆ各種

となぜか実家近所の酒屋で売っていたカルヴァドス

有機農家らしく?オーガニックもの。

うどんだけじゃないんですって言い訳してるような気が

自分でもしますが・・・

 

 

でもまあやっぱりうどんのおかげで寒くても当面ご機嫌です。


<ハラダ

年が明けて

今年も無事に新しい年を迎えることが出来ました。

 

昨秋はなかなか厳しい天候でしたが

塞翁が馬と自らに言い聞かせて

気分一新、新しい種まきのはじまりです。

毎年この時期が一番夢があるといっても

過言ではないかもしれません、今年も色々と播いていきます。

 

とはいってもこれからは一年で一番寒い時期でもありまして

採れる野菜の数は減ってきます。

そんななか厳寒期限定の人気野菜の出番です。


 

今年も順調に甘いです。

 

他の葉物はハウスの中に移っていきます。

 

DSC03623.JPGDSC03625.JPG

 

こちらもぼちぼち順調です。

 

そして最後にもひとつ、この季節が旬のお方

 

 

一年で一番モフモフのふわふわになる季節です。

寒さに強い働きものでさっそく2日には初獲物!

今年もやる気です!!!

 

というわけで今年もモフモフのふわふわで

最近はずっしりな1匹を頼りに

2人も頑張っていこうと思っておりますので

本年もどうかよろしくお願いいたします。

 

<ハラダ