<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< もりもりと。 | main | 夏のはしり >>
イベント
今月はありがたいことにうちのような新米農家の
野菜を使っていただいたイベントが2件ありました。

たくさんの「想い」が交錯した濃密な会で多くのことを学ぶことができました

お世話になった関係者の方々どうもありがとうございました。

野菜は畑で食べていただく際以外は、最終的に皆様のお口に入るまでに
誰かの何らかの調理を経ることになり、毎回野菜を発送したあとは祈るのみです。
どのように使っていただくかを工夫する仕事は、編集者のような仕事と
最近生意気にも思ってますが(だいぶヘタクソなのは分かってます)
作家さんにどのような物を書いてもらえるか、毎回ハラハラして過ごすこととなります。
ただそれゆえに良いものが出来た際には
それを伝える責務もあるかと(一人よがりに)思っております。

今回の会は2件とも素晴らしい会だったので
料理の事は分からないのですが(なにしろジャンク好きなので)
だいぶ背伸びをして感想など書かせて頂きたいと思います。

5月18日 つくば市インカローズでのイベント
「茨城の農家を応援しよう」
内容・8人の農家の農作物だけを使ったフルコースとその農家の紹介
 
DSCF0849.JPG

・野菜10種の盛り合わせ
料理・田邉仁さん
(写真がひどくてスイマセン)

どの野菜も奇抜さを求めず、虚飾することのない
一つ一つの様々な良さを引き出そうとしたのが分かる、実際は美しい一皿です。
調理方法は1品1品に合わせ手を変えてある、お手本ともいうべきものですが
いざ目にして・口にして・噛んでみるとどれも想像とは違う、違和感やもの足りないものがあります。
多分これが今回の試みの一つ「引き算」なのだと思います。
(一晩たって、もしかしてあれらはわざとなのか?とやっと気づきました)

農家が驚くほどの野菜の知識で、1品1品を畑にあるうちからイメージして
味・質をピンポイントで注文して(これがすごかった)
それらを精密に皿の中・コースの中で配分していきます。

全てがあえて出来る限り引くことによって間(ま)が出きて
そこに素材が出てきて
その素材も出すぎないようにすることで全体に「調和」がうまれる。
そして最後のデザート時に今まで抑えていたものをはじめて開放!
食べ終わった時に真っ先にうかんだ言葉は、
どの料理・どの野菜が美味しかったではなく

「春だ〜!!!」という一言、そんな料理でした。

(どの品も会を考えた必然により出来たもので本当は1皿づつ流れを書いておきたいのですが
多分話しても1時間はかかりそうなので・・・)


5月25日 大洗 月の井酒造にて
「新酒をいわう会」
内容・新酒を地元の農作物と共に蔵でいわう会

DSC01480.JPG

・みさきキャベツのすりながし
料理・斎藤章雄さん
(留守番していたので見た目と食べたシズメに聞いた感覚で書いてみます)

お猪口の中の小さな1品。
水っぽい春キャベツでも、一際水分の多いみさきキャベツ
一般的な方法でこれをつくると、ただの緑色をした水になってしまいます。
しかし、食べたシズメの感想は
「キャベツだけとは思えないような、豆のような風味もした」とのことです。

ついついどうしても高い技術に目がいってしまいますが、真意はそこにはなく
写真を見て感じるようにすり流しを抹茶に見立ててあるのだと勝手に思っております。
「春の茶会」そんな心を豪奢の中に小さく、そっと忍ばせる
その小さいものは膨大な素材をそぎ落として出来たもので、かえって全体をイメージさせ
そして欠点とも思える個性をあえて表に出し、新しい価値観を見出していく
後から「おしながき」を見た時にあまりの品数の多さなどから感じた「不完全な調和」

「これは楽しそうだな〜」と思ってしまいました。

(注・あくまで視覚のみと憶測です)

番外編でもう一つ
写真がないのが残念ですが会の時に販売されていた
・月の井酒造 坂本社長のクッキー
ひと型・ねこ型・3本足の動物のようなもの(もののけ?) 3枚入って100円

最初目にした時にうかんだ言葉はプリミティブ (primitive)
古代のような神話のような子供のような世界観

この方の判断はいつも本質的・根源的で
今回お声かけいただいた時に浮かんだものは
このような会が自然発生的に生まれたときのイメージ。
新酒が出来た喜びを皆が自分の自慢のものを持ち寄ってきて楽しむ、そんな会。
力不足でほとんど力になれませんでしたが
来年もまた素晴らしい会になることを今から夢みております。

色々とえらそうに書いてしまいましたがお許しを
ますます野菜のことが分からなくなってきた今日このごろです。
感謝、感謝の1週間でした。

ハラダ 
スポンサーサイト
COMMENT