<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
冬へ向かって
DSC03388.JPG

おひさしぶりです。
今年は早くも10月の26日に実測0℃を記録、当地としてはだいぶ早い初霜となりましたが
その後はそこまでの冷え込みはありません。

現在、作付け作業は年越し収穫のハウスものなどに移っています。
上の写真は、芽の出始めた葉物列と、
来年3月に収穫予定のナバナの畝(右端)。

ちょっと雨がちですが、ひんやりしてきて野菜の味も研ぎ澄まされてきました。

DSC03379.JPG

「サラダ」かぶとしてはもう最後になります。
低温に当たったぶん、肉質は締まって固めになっていますが
辛味は消え、甘みとかぶの味わいが濃いです。

今ごろは年間中でも特に野菜の種類が多く、
葉物も豊富で、特にL箱の方は
届いた箱を開けると葉っぱなどがわさーーーーっと出てくる・・・
感じかもしれません。


DSC03387.JPG

ネギはこれからずっとレギュラー入りです。
まだ青っ葉も健在。
だいぶ糖度も上がってきています。

DSC03391.JPG

法蓮草も、もさもさと。
やっぱり葉物の中でも人気の高い1品なので、たくさん播きました。
年中見かけますが旬はやはり冬。
こちらもまだまだこれから、味も栄養価も上がっていきますよ。

DSC03367.JPG

猫なのに冬にはめっぽう強い毛皮ゴージャスなうちの子。(※雑種です)

こちらもかなり冬毛が充実してきたもようです。(※太っているのではありません)

<シズメ
長めの秋
DSC03315.JPG

入りが早かったぶん、長く感じられそうな今秋です。
写真は一番最後の大根エリア。
雑草の勢いも落ちたので、基本的な管理作業はすでに終了しています。

DSC03318.JPG

あとは順調に仕上がるのを待って、
貯蔵用は畑に溝をきって埋めて・・・という作業になります。

厳冬期や年越し出荷用のものは
極端な変化なく、ゆっくりじっくり育った方が
味はもちろん日持ちも良くなるので、ここからはぜひ穏やかな天候を期待します。

DSC03307.JPG

秋口は野菜の入れ替わり時期なので全体に不安定でしたが、
ここから11月後半へと、野菜の品数がいろいろと増え
年間で一番種類豊富になります。

DSC03311.JPG

葉物の種類は早くも、あれやこれやと。
玉葱が終わって長葱の出番になったりもしています。

DSC03310.JPG

畑から掘って出しの新里芋もここ2週間ほどお届けしました。
新物はほっくり感が強め。
まだお送りしていない方にはこれからお入れしたいと思っています。

基本的には品物豊富になる時期とはいえ
今シーズンは長雨の影響などでまだ市場全体の野菜が品薄気味らしいので
なるべくたくさんお届け出来ればと思っています。

<シズメ
残ることのない夏から
すでに早くも、秋爛漫の空気ですね。
(おりしも台風ですが・・・・・・)
こんなに「残暑」がない夏も久しく覚えがないような。

DSC03275.JPG

そして夏の記事をすっかりすっ飛ばしてしまいました。
ご覧の通り、ここらの田んぼでは稲刈りが始まっているほど。
こんなにブログをあけてしまったことは初めてな気がします・・・
何度か写真を撮ったり書きかけたりしつつもアップするタイミングを逸してしまって。

DSC03262.JPG

ありし日のトマト。現在はもう完全終了しています。
今年は後半の管理に足りない部分があったので
来年はもっとよく出来るように、脳内反省会などしつつ。

DSC03264.JPG

これもまだ元気なひと月以上前のオクラ。
勢いはなくなりましたが細々と収穫を続けつつ。

オクラは脇芽をのばさないで、上へ上へと栽培する方法をとっているので、
現在は手を伸ばしただけでは届かないほど背が高くなっています。

DSC03274.JPG

見上げるとこんなシルエット。
秋の夕焼けをバックに眺めていると東南アジアの農村にいるかのような雰囲気。
(が、するのはわたしだけでしょうか)
いまは気温も肌寒いくらいなので、熱帯性の彼等にはやっとの環境ですが
細々と採れているものは、いわゆる「なごり」の濃い味がします。

DSC03254.JPG

これも生育旺盛期のありし日のナスですが、
今は秋ナスとしてマイペースにがんばっています。

しかしながら、今秋は急激に気温が下がったので夏野菜陣は例年よりも苦戦中。
お便りにも書いたのですが、
なかなか秋が旬ど真ん中、という野菜はそもそも少ないのですが
あることは、あります。
絶賛(?)収穫開始したそちらは、また追ってご紹介・・・。

DSC03269.JPG

今回は振り返り記事ということで、これも先月中の写真ですが
秋冬作のキャベツ・ブロッコリー等の畑です。
植え付けはピークを過ぎてきていますが、
まだまだ来年採るための大切な種播きがたくさん残っています。
このところ雨が多いためトータルの日照が少なく、育ちが悪いのは困りものですが
虫害は少なめに推移している気がします。

台風明けからはぜひ、晴れてたっぷりの陽の光を浴びせてほしいものです。

さいごに、久しぶりなのでこちらの方の近況も。

DSC03268.JPG

「涼しいから、いっぱいねむれるよ。」

・・・・・・よかったね。

<シズメ
はじまり、はじまり。
連休が明けてみなさま元気に、あるいはちょっと残念な気持ちもありながら・・・
お過ごしだったりするのでしょうか。

それにしても暖かい日が続きます。

DSC03192.JPG

弁解しておきますと、この写真を撮ったのは、ちゃんと5月5日だったんですよ。
アップしないで寝ちゃったんですが。
(兜もご機嫌もナナメっぽく見えるのは気のせいです。)

さて、

DSC03194.JPG

5月の連休にすること、といえば田植えです。
うちは田んぼはやっていないのでそちらはありませんが、
このGWのあいだには、やはりたくさんのものを植え付けましたよ。

トウモロコシ、枝豆から
ナス、きゅうり、ピーマン、かぼちゃ、ズッキーニなどの大物苗を大量に。
他にもオクラも播き始めましたし、シソやらバジルも植えました。
大苗が巣立っていったので、育苗ハウスはだいぶすっきり。

そして、ひと月のお休みを経て
予定通り出荷もスタートしました。

DSC03197.JPG

人参、最初だけは葉付きで。

DSC03200.JPG

新玉葱も、同じく今だけ葉っぱ付き。

DSC03204.JPG

そして春のおなじみ、とんがり頭のみさきキャベツ。
もちろん、人気者レタスも入っています。


それにしても、特に葉物・青物類全般にですが、
ここのところの極端な乾燥で(当地では3週間近くほとんど降っていないのです)
例年の春らしい水分の多さ・やわらかさはまだなく、
がっしりと味の濃い出来栄えで、小松菜など3月のハウス物に近い仕上がりになっています。
法蓮草も力強く濃厚。

後々雨が降れば変わってくると思いますが、
今お届けのような葉物の調理は、繊維を断つ方向に切ることと
「高温でさっと」よりも「ちょっとじっくりめに温度を上げる加熱」の方が
きれいに熱が入っておいしくお召し上がり頂けるかと思います。

春の野菜の「みずみずしさ」は、
時によっては水分が多すぎてちょっと軟弱に育ってしまったり
齧ってみると「雨の味だ・・・」と思うことすらあるのですが(笑)
なんだかその対極のようなスタートとなりました。

今春ならではの、しっかりとした風味をお楽しみ頂ければと思います。

<シズメ
春本番
荒天模様に振り回され気味でしたが
ここにきて一気にまとまった晴れ間がやってきました。
今春は冬から引き続き雨が多かったので色々と滞りがちでしたが
いざ、作業も野菜の生長も挽回!といきたいところです。

日が長くなるので、屋外で作業できる時間も冬に比べるとぐんと伸びます。
出荷がお休みのぶん、畑に集中できる時期で
陽気がいいと、日差しや風景を楽しむ余裕も今が一番ある気がします。

DSC03181.JPG

畑のあっちでもこっちでも、
こんな風に作物の上に防虫ネットのトンネルがかかっている光景が並んでいます。

まだ霜が降りたり、寒い最初のうちは
↓のような感じで

DSC03178.JPG

ネットの上にビニールの被覆をしておきます。
あたたかくなるにつれ、朝夕それを開け閉めして、
今くらいになると、それをはがして片付けて、最初の写真の状態になります。

DSC03177.JPG

今年は生育が良かった玉葱。
玉もだいぶ太ってそれらしくなってきています。
問題は・・・最終的に合格品としてお届けできるものがどのくらいになるか、ですが。
(ちょっと難しいのです、タマネギ。)

DSC03186.JPG

こちらはトマト。
気温が上がってきて、伸びるスピードもじりじりと加速してきました。
今年も新しい品種を試してみています。
どんなものが採れるか、楽しみと緊張と。

DSC03183.JPG

地上に顔を出しているじゃが芋。
頃合いを見て、株元に土を寄せて芋を大きくします。
霜の心配がなくなったようなので、がしがし繁って欲しいです。

DSC03190.JPG

ズッキーニもぐいーんと株が張って、花や小さな最初の実が。
寒さには弱いのですが、そこを守りきれば早くから収穫できるのが嬉しい1品。

出荷がお休みの期間は、当然自分たちも野菜に飢えがちなので
早く育ってくれないかと、やきもきしながら見ています。

<シズメ

休みのしごと
大変、おひさしぶりです。
空いた時間の分、いろいろなことをすっ飛ばしてしまっていますが・・・

ひとまず、今年も無事に3月最後の宅配セット発送が終了し
例年通り端境期の出荷休みに入らせていただきました。
お客様にはすでにおしらせ済みですが、
また春野菜の出揃う5月に再開させて頂きます。

どうぞよろしくお願いします!

DSC03158.JPG

ちょっと前の写真ですが、いただきものの、梅の枝。

花が咲くと本格的な春の到来ですね。
しかし花咲き芽吹くというのは
野菜としては成りにくい時期ということでもあります。
冬のあいだ耐えていたものたちは次の世代へ移るため花芽をつけてしまい、
種から芽吹いたものはまだ小さい。
だから、生命力にあふれるこの季節ですが、
意外にも野菜が一番品薄になる時期でもあるので、
旬の野菜セットはお休みというわけなのです。

DSC03163.JPG

まだ遅霜の警戒も必要ですが、あきらかに風も水も温んで
土の中の雑草の種や、目に見えない微生物まで一斉に起き出す気配が感じられます。

野菜の苗も毎日のように外へとデビュー中です。

DSC03167.JPG

これももうちょっと前の写真なのですが
育苗ハウスは満員すし詰め状態です。

なんとなく、ちょっとずつ色々な種類の苗があるのがおわかりになるかと思います。
一定期間同じものを採り続けるためには、
多くの野菜は日にちをずらして何回も種を播き、何回も植えるということを繰り返します。
その中で気候も変化しますし、苗のコンディションも必ずしも安定しないので
品種を変えたり植え方を調整したり、
ちょこちょことさらに細かいことをしながらの作付です。

もうたくさん畑に植えているので、また近々写真を載せたいと思います。

DSC03173.JPG

これはハウスの中に植えたスイートコーン。

DSC03169.JPG

こちらは露地で冬越ししたエンドウ豆。
やはりこの暖かさで急に伸び始めました。
そろそろ支柱を立ててやらないといけません。

<シズメ
2015 迎春。
DSC03089.JPG

列島冷えこむ年明けとなりました。
お久しぶりの更新となってしまいましたが
みなさまはあたたかくしてお過ごしでしょうか?

当地では幸い降雪は無く、必要な野菜の管理以外は
短い正月休みは身体を休めることを主体に、要するに、食べて寝ております(笑)。

DSC03082.JPG

年末の収穫どきの様子。
夕空が鮮明な色のグラデーションを描き出していると、
今夜も冷えるな・・・と思います。
(写真だとくすんでいますが、肉眼にはとても美しいです。)

DSC03100.JPG

こちらは何かといいますと、かぶです。
夜間の二重の被覆をめくった状態を写してみました。
芋や大根など、別の場所に埋めたり出来ない野菜は、
最大に防寒していてもぎりぎり、です。
今冬はこの状態になるのが早いですね。
でも、まだもうちょっとお届け出来そうかな?
食べてみると、上部はちょっとしゃっきりとした食感で、爽やかな甘味。
煮込みに入れたりすると、じんわりと旨みもしみ出してきます。

露地の小松菜や法蓮草も、凍結と解凍を繰り返しながら寒さに耐えていますが
その正に「際」の状態が、冬の味のハイライトでもあります。
命をぎゅっと凝縮したような、深い味わいです。
寒さでやられた外葉をたくさん落として袋詰めするのでいつもより時間がかかりますが、
それだけの甲斐はある味だと思っています。

DSC03096.JPG

露地ものが終了すると、無加温ハウスの葉物に移行します。
ハウスの中とはいえ、こちらも冷えこむことには変わりなく、
毎日の管理は欠かせません。

DSC03095.JPG

順調に大きくなって、ルッコラあたりからもうすぐ出荷出来そうです。

年明けは予定通り、6日お届けから開始いたします。
また、久しぶりに火曜日コースのお申込み受付けを再開しました。
変更ご希望の方もご相談ください。

本年もどうぞよろしくお願いします。

(・・・なお、後から年賀状が参るかと思います・・・)

<シズメ
DSC03073.JPG

さあ、冬野菜の味の本番になってきました。
葉物の艶と、ごわっと、ちょっとちぢれたりする様子。
零下になってはじめて見られる姿です。
大根なんかの上の方も甘みが強くなってきました。
冬野菜の味の一番の決め手は、やはり順当な寒さだと思います。

前回の記事のあと、-3℃くらいまで冷える波が2〜3回ありました。
実測-3℃の様子はどんなものかというと

DSC03059.JPGDSC03061.JPG

こんな感じです。(この時はちょっと水分が多かったので氷の粒がすごい)
でも冬野菜はまだ耐えます。

-5℃より下がってくると、傷むものが出始めますが、同時に
ぎりぎりのいわゆる「名残り」の物も独特の味が出てきます。

空からの雪が地面に落ちてふっと溶ける直前のような
(実際は黒ずんだり、とろけたりでそんなきれいなものではないですが・・・)
際のその一瞬の味も楽しんでいただけたらと思います。

我々はその期間を少しでも伸ばせるように、
被覆資材を掛けたり、土を盛ったりと、これから画策したいと思います。

DSC03071.JPG

ひっそりと頭を出してあたりの様子をうかがっているのは
まだ遠い、春に収獲できる(予定)のマメ。
小さな木の状態で冬を越し、暖かくなってきてから本生長する作型です。

霜以降
やはり予想通り早い今年の初霜は
10月29日に訪れました。実測でしっかり0℃。

でも、それ以降はあたたかめ、雨も多めで
なんだかあまり冬の気配はありません。
寒さに耐える、身の締まった野菜のからだづくりには
もうちょっと乾燥してほしいですね。
ここから冷えてくるようですが。

DSC03055.JPG

寒さにあたってこその葉物といえば、法蓮草。露地ものは肉厚ぷりぷりの葉です。
この品種はだんだんと林檎のような風味が出てきます。

今年はたっぷりめに出来ていますし、
みなさんに人気のある野菜なので毎回お届けしています!

そしてその法蓮草の手前に写っているのは・・・↓

DSC03056.JPG

こちら、ちぢみ法蓮草です。
地べたに広がるように座布団状に育ちます。
上の普通の法蓮草と比べると違いは歴然。
これからより強い寒さに当たると、もっともっと低く這いつくばり、
そして甘すぎるほど甘くなっていきます。

DSC03046.JPG

こんな葉っぱの中に包まれて育っているのは

DSC03045.JPG

カリフラワー。
こちらも今たくさん収穫中。
雪をイメージさせるような姿ですが、極寒には耐えられないので
それまでのあいだのお届けになります。

今が年間でもっとも豊富に野菜が採れる時期。
そこを過ぎると少しずつ寒さで傷んで収穫できない野菜も出始めます。

ちなみに現在お届け中の野菜は雨の影響で水分多めなので、
加水調理(茹でや蒸しなど)ではない加熱方法もオススメです。
スライスして軽くあぶったり、揚げたり、グリル調理などなど。

DSC03039.JPG

寒さに強い毛皮を着込んでいる彼は最近やたら元気です。
(毛の増える時期ですし)
大好きな高いところで、はいポーズ。

<シズメ
初霜カウントダウン
うっかり更新しそこねていました。
この時期は、日没が早まるにつれ体感時間速度も増して
するすると日が流れていってしまいます。

DSC03025.JPG

みっつ前の記事の写真では全面に白い被覆をしていた大根は、
発芽・間引きなどを経てこんな様子です。

畑のちょうど半ばで撮ったので、
背後にも同じくらいの大根、大根、大根があります。

DSC03029.JPG

葉物の味がぐんぐん良くなっています。
朝晩は息が白くなる季節、
空気が冷えるごと研ぎ澄まされていく体感に合わせるように
野菜の味も澄んでいく気がします。
この独特の感覚が、個人的には大好きです。
おそらくもうすぐ初霜。

DSC03033 (1).JPG

こちらは、現在お届け中のミニ白菜。
真冬のものと違い、味わいはさっぱり、みずみずしく、ふわっと食感。
サラダにもおすすめです。

病気にも弱く、虫にも非常に食われやすい作物なので
無農薬栽培には向かないなあと毎度思うのですが、
やっぱり白菜のない冬は考えられないですね。

DSC03034.JPG

本日はタマネギの苗を定植しました。
正直、栽培が得意な野菜ではないですが(苦笑)
性懲りもなく来年の増収を目指して、たくさん植えてみました。

<シズメ