<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

サマー・ピンク
090725_1221~0001.jpg
しそジュース。

去年一緒に作って原田がえらく気に入って以来、
当然のようにして今年も作るぞー と
わざわざ畑の端に赤シソが植わっています。
わたしも前から大好き。

今年初作製は
去年とちょっと素材を変えて 米酢・リンゴ酢をブレンドし
さらにはきび砂糖と三温糖(手元にこれしかなかったんですが)で作ったら
ずいぶんまろやかで飲みやすくなりました。

個人的には安いお酢の刺激的なのどごしも好きなんですが(笑)。

夏の体にめっちゃ効きます。
あるだけの砂糖で作ったんだけど(800gくらい)
奪い合うようにして飲んでいるのですぐなくなりそう。
夜は虫と蛙の声(ね)
090708_1833~0001.jpg
蛙はかわずと読む気分で。

まだ日照が伸びないのでうっかりキュウリなんか採りすぎると翌日が危うかったりですが
(なにせ畑が小さなもので・・・写真はめいっぱい広そうに撮ってますけども)
夕暮れの匂いはなんだかめっきり夏。

病気・鳥害と残念2連発を書いてしまったので
ここはひとつ、うまいモノでも。


今晩のおかず: 夏野菜と豚バラ肉のバジル醤油焼き

バジル醤油は母が教えてくれた情報より。
ただバジルを醤油に2日〜漬けておくというだけのもの。
漬かった葉もなかなか美味ですので最後に乗せてみました。

しばしバジル醤油に漬けた豚バラ肉を
脂が出て焦げ目がしっかりつくまで焼いて、いったん取り出し
そのフライパンに茄子、ズッキーニとあとからトマト(ソースでなくあくまで具として)を炒め、
最後に肉を戻してバジル醤油をじゃっとかけてからめて完成。
ウマーーーでした。

ちなみに手前に写ってるごはんは、お客様の岩先さんから教えていただいた
「とうもろこしごはん」。

豆ごはんのように塩を加えてお米と一緒に炊くだけ。
甘味の引きたったごはんと塩っぱいおかずが思ったとおり好相性。

とれたてスイートコーンでこれをやるのは少々ゼイタクが過ぎるかしらとも思いますが、
うちの場合は虫でやられたものがたくさんあるので。
ふっ。(開き直り) 


トマトはほんとうにわずかずつしかまだ採れてません。
B品も多いし・・・。
なのでいまだに直売所売りと自家用のみ。

早くセットに入れられると良いのですが。
梅雨あけろーーーぃっ。
初・転載投稿
野菜セットを送った友人から写真付きでメールをもらったので問答無用で転載(笑)。
やったねー。嬉しい。

こういうの、みんなでわいわいやれると楽しいと思ってます。
レシピだけじゃなく、切り方とか下ごしらえの仕方とか、ちょっとしたことでも。

090702_1854~01.jpg
◇カブと色々野菜の漬物サラダ◇

カブをメインに彩りで人参・キュウリを少し加え、塩もみして15分おいて水気をきり、
ふじっこのしおこんぶ・こぶ茶・家に余ってたみょうがと水にさらしたしょうがを加え10分。

「薄味にしてサラダ仕立てを目指したところ、野菜の味がちゃんと残っていて大成功!!はしがとまりません」

とのこと。
ふむふむ。漬物とサラダの中間の塩梅、というところがミソですな。
サラダよりもりもりイケそう。真似したいです。ありがとうー。


もうひとつ、
「ズッキーニのバターチーズ焼き」
(ズッキーニを塩・こしょう・バターで炒め、火を止めて粉チーズをふってみました/
ズッキーニのジューシーな感じと余熱で焼けたチーズのカリカリ感のコラボが最高でした)

というのも送ってくれました。
味わい自体はあっさりのズッキーニにバターとチーズ、こりゃ最強だ。じゅるり。


ちなみにトウモロコシは箱開けてすぐさま食べたという彼女。優秀です(笑)。感謝。
3日前になりますが
090607_2002~0001.jpg
初モノを試食。
枝豆と新じゃが。至福です。

じゃがいもは下の記事のとおり、収量などイマイチ・イマニ・イマサンぐらいですが
やっぱりおいしい〜〜〜。

枝豆の1番手は茶豆の品種。
豆はまだ緑ですが、さやとか茎のうぶ毛が茶色。
このあと黒豆品種も出る予定です。

ちなみにこの時気づいたこと。
このご時世、奮発して購入した貴重なバター、
ハラダ氏がごはんを作ってくれるたびに減りが激しいのですが。

ちっこナス
今日はちっこナスを収穫してみました。
090602_1703~0001.jpg
こちらマイクロナスという超小型の品種。

というのは嘘で、なり初めのナスを摘果したものです。
まだ木が出来ないうちの実は大きくさせずに取り、次々になってくるように促してあげます。

でもせっかくとったので、食べてみました。
090602_2018~0001.jpg 
なんじゃこらーー!かわいい!!

ついわざわざまな板の上を写真に撮ってみた。

「なんでトマトがあんの?」
というツッコミが聞こえてきそうですが、はい、これは勿論うちの畑のものではありません。
鯉淵学園のハウスでつくっているものです。直売所であまったものを時々もらえるので。

全部一緒に、ごま油でしょうゆ味噌炒めにしていただきました。
かなり夏先取り気分。

090529_2033~0002.jpg 
有機農家らしく、晩御飯に野菜をグリルしてみました。

否、フライパンで焼いたので正確には「グリル」とは云わないけど
いいの。語感が大事。(強引)

焼き野菜のコツは気長にやることです。
時間をかけて加熱したほうが、野菜の甘味は増すそうですよ。
茹でるより味も栄養も逃げませんしね。

弱めの火加減でじっくり。  あと、焦げ目勝負。

となりで別の料理をしつつも、常に気にしてマメにひっくり返して均一な焦げ目をお願いします。
090529_2017~0001.jpg
おおきなズッキーニはよそからの頂き物です。
大根はしづはら産、焼くとなお甘し!そしてカリフラワーを初試食!旨し!

カリフラワーは少ししかないので自分たちもめった食べられない予感・・・
宅配で入った方は喜んでください。(・・・強制?)

ちなみに今回は軽く塩コショウで仕上げ、
バルサミコ醤油ソースをちょろっとかけていただきました。
(焼き終わって空いたフライパンにバルサミコ酢・醤油を1:1くらいでさっと煮立てるだけ)

野菜の甘さが引き立ちます。お試しあれ。